遠山郷の公共交通機関その4

 

崖と天竜川の間を走る飯田線 2012.2.17撮影

飯田線の電車が鹿と接触して、一部の列車の運休及び遅れが発生していますと、通勤途中に聞いていたラジオの交通情報で言っていました。そして、先月には朝の通勤通学時間帯に門島と天竜峡の間で落石警報装置が作動して列車の運転を見合わせていました。都会だと(東京近郊だけかな?)人身事故や線路内に人が入った等で運転見合わせを行うようですが、飯田線では獣との接触や落石、倒木による運行支障がおこり列車の運転を見合わせます。上の写真の様に山の中の急斜面に線路を敷設している為に獣は普通に線路内に立ち入るし、大雨や強風で落石、倒木が発生してしまいます。

台風の影響で運転見合わせとなり、飯田駅では5本の電車が停まっていた。2013.9.16撮影

このような交通障害は鉄道だけではありません。飯田駅と遠山郷を結ぶバスでも大雨による土砂崩れや路面流出、大雪による積雪で運行が不可能となり運休したり経路を変更することがあります。

大雨で沢からでた土砂で一部埋まった梨元ていしゃば2010.7.15撮影

2010年7月中旬の大雨で遠山郷の多くの沢で土砂が流出し、国道が寸断されて一晩陸の孤島になりました。2010年7月14日15日のバスは運行できませんでした。

 

南信州ナビのホームページより

自然災害による運行休止ではありませんが、毎年行われるイベントで遠山郷と飯田駅を結ぶバスの運行に変更が生じることがあります。直近では、飯田市丘の上から下久堅地区周辺で交通規制を行って開催される自転車のレース、ツアー・オブ・ジャパン第5ステージ南信州が行われますが(今年は5月24日木曜日)、この日はバスの経路がレースの周回コースと被るために、一部運行経路が変更されて通らないバス停が発生しますのでご注意下さい。

都会だと振り替え輸送できるので発行される振替乗車票

都会と異なり、遠山郷だけでなく飯田下伊那地区は振り替え輸送の手段が無いことが多いので、遠山郷に行く又は住む場合には電車、バスといった公共交通機関以外に自家用車等の交通手段を使うこと前提で行動を検討する必要があります。

ペフ

この記事を書いた人ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。