ワンタンを作る

簡単にワンタンを作ってみました。

揃える材料は、肉の鈴木屋(飯田市南信濃和田の精肉店)の冷凍ブタジン(ジンギスカンの味付け豚肉)、ワンタンの皮、ニンニクの葉っぱ(ニラや細ネギでも可)、中華スープの元、水です。

先ず、ブタジンを解凍しますが、袋ごと流水に約2分つけて表面だけ解かします。この時解凍し過ぎると後の扱いが面倒くさいことになるので袋から塊が出せる位の解凍が理想です。

この約2分の間にニンニクをみじん切りにします。

解凍が出来たブタジンを数ミリの幅でカットします。解凍し過ぎるとこのカットが出来難くなります。

ニンニクのみじん切りとブタジンをボールに入れて混ぜながらブタジンを完全に解凍しワンタンの具が出来あがります。

鍋にお水を適量入れて、沸騰寸前に中華スープの元を入れ、スープを作ります。

ワンタンの皮に具をのせて皮の2辺にお水を付け具を包みます。

スープにワンタンを入れ、中まで火が通ったら出来あがりです。

これから寒くなるとストーブで暖まりながらストーブの上の鍋に入ったワンタンスープを頂くことが多くなりそうです。

ペフ

この記事を書いた人ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。