今日のいただき物「絹さや、チャイ味のかき氷と島とうがらしの苗」

ちょっと更新をさぼるといただき物ネタが溜まっていきます。うれしい悲鳴。

 

というわけで、金曜日のこと。

ゲストハウスになる予定の物件、太陽堂は元雑貨店。

今でいうコンビニのような?なんでも屋さんで、ランドセルから食べ物まで売っていたようです。

おそらく売り物の食べ物を入れていたであろう業務用の冷蔵ショーケースが3つばかり残されています。

ゲストハウスでは使う当てがなく、だれか欲しい方がいたらぜひーと声をかけたら、あるおばさんが現物を見に来てくれました。

冷蔵庫はまた取りにくるとして、他にもこちらでは要らないものを引き取ってくれました。こちらとしてはただただありがたいだけなのですが、帰り際に、

 

「エンドウ食べる?さっき取ってきたのよ。さっと下味つけて、卵とじするといいわよ。」

 

あー、それ旨いやつ。ありがたくいただきました。

そうこうしていると、ご近所のマルモ商店の3代目もやってきました。

 

「かき氷機出したから、食べにおいでよー。」

 

連日真夏のような暑さが続いていたので、こりゃあいい。

 

「チャイ味のシロップ作ってみたよ。試作だから食べてみて。」

 

と、買う気だったのにいただいてしまいました。


スパイスが効いて本格的な味。甘さもちょうどいい。

これは大人のかき氷として、いいわー。商品化されそうなので、この夏遠山郷でお試しください。

 

太陽堂からプランターがいくつか出てきたので、マルモ商店で苗を見繕っていたら

 

「島とうがらしやってみてよ。」

 

と苗を2株もいただいちゃいました。なんか、いつももらってばっかりやん。


早速プランターに植え替えました。

 

毎日一人で作業しているのですが、こうやっていろんな方が来てくれて、全然さみしくない日々です。

 

今日も、ごちそうさまでした!

ミト

この記事を書いた人ミト

2017年12月に遠山郷へ移住。地域おこし協力隊として活動中。主なミッションは遠山郷初となるゲストハウス「太陽堂」を作り、遠山郷ファンを増やしていくこと。大満喫している遠山郷での暮らしや、ゲストハウスプロジェクトについて発信していきます。