遠山GO-HOME!

日々のこと

今年最後の3連休

平岡駅停車中の急行飯田線秘境駅号

JR東海では急行という種別が普段使われていませんので珍しい電車です。

今年最後の3連休、あちらこちらに行き飯田線の特急電車、急行電車、普通電車にとマルチに使われている373系電車の写真を撮りました。

遠山川橋りょうを渡る回送列車

連休初日の土曜日、下り特急ワイドビュー伊那路1号の車両が回送列車で豊橋に向かいました。

ところでこの鉄橋、遠山川橋りょうは、西村京太郎さんの小説「飯田線・愛と殺人と」の表紙に使われています。

この写真を撮った後、職場に行って仕事をしました。

時又~駄科、飯田行き普通電車

日曜朝に金曜の買い出しで買い忘れたものを買いに行った帰りに、天竜峡発飯田行きの普通電車の写真を撮りました。

この後、特急ワイドビュー伊那路2号に使われる予定の電車ですが、特急として使う前に朝の1往復普通電車として使われています。

朝、買い忘れものを買いに飯田市街地に行った理由は、日曜まで南信濃芸術祭が行われていて、午後に片づけを行わなければならないからです。

芸術祭の会場、自治振興センター

自分が所属する遠山ふじ糸伝承の会が芸術祭に出品していて、片づけの手伝いをするのですが、その前に他の作品も見ました。

どこかで見たような作品その1

どこかで見たような作品その2

片づけが終わったら職場に行って仕事です。

かぐら縁日

かぐらの湯の入り口ではかぐら縁日が行われていました。

向市場~城西、特急伊那路2号

連休最終日は1日休みなので、国道152が豪雨災害で通行止めになっている影響と迂回路の様子を確認する目的で久しぶりに県外へのドライブをしてきました。

写真は通称渡らずの橋と言われている橋を渡る特急ワイドビュー伊那路2号です。

ヒョーコシ峠の国境の看板

国境の信州側

ヒョーコシ峠を越えるのは6月末以来なので、写真を撮っておきました。

青崩トンネルの本坑の工事と国道152の拡幅工事を横目に水窪の市街地へ下りました。

水窪~向市場で水窪駅で特急ワイドビュー伊那路2号とすれ違う下り普通電車を見て、渡らずの橋で特急電車を迎えました。

国道152と国道473との交差点付近

城西から国道152を南下して国道473との交差点付近に写真の看板があり、浜松市中心市街地へは三遠自動車道に迂回するよう書かれていました。

交差点にはガードマンが居て国道152をこれ以上南下しないようにしていて、国道473に誘導しています。

国道473で佐久間へ、春に通行止め区間に新たに架けた原田橋を渡り三遠自動車道の部分開通区間に入って東栄町に着きました。

ここから国道151で阿南町に向かいましたが、愛知県内は片側1車線の広い道に改修されていて県境の新野峠まで休憩しないで運転しました。

県境の新野峠

長野県側の改修工事は狭い区間が残っていますが、県境付近は広い道に付け替えられていました。

 

遠山郷は、同じ飯田市中心部の市街地へ車で行くには一旦隣村に行く必要がありますが、浜松市天竜区水窪町は隣の愛知県東栄町に一旦入ってから浜松市中心市街地に行くことになっていました。

遠山郷の飯伊区域内の移動と比べると水窪町の県境を跨いでの移動はスケールが大きいと感じました。

早く国道152が元に戻って欲しいと思います。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。