遠山GO-HOME!

日々のこと

第19回みんなの風越山写真展

写真展会場

今年度に入ってコロナ禍の中、他のイベントが延期や中止となっていましたが、6月1日に一斉に風越山に向かってシャッターを切る「6月1日に風越山を撮ろう!」が開催され、200点弱の作品応募がありました。

円形の校舎がある浜井場小

変わった形の校舎がある浜井場小近くにある長野県飯田創造館の301号室で7月23日から7月28日まで応募作品を展示しています。

長野県飯田創造館(HPより)

今年も私は作品を応募しているので二日目の午後に長野県飯田創造館301号室に行ってきました。

入り口の立て看板

私は昨年まで実行委員だったので、久しぶりに現在の実行委員の方々に会って、作品を見る前に話し込んでしまいました。話を色々していたら、喬木村で土砂崩落した時にKさんの息子さんが阿南町経由で遠回りして丘の上に帰ってきたとのこと、よく聞いたら和田の消防署にお勤めとか、そういえばこないだ仕事で消防署に行くときにKさんの名前聞いていたことを思い出して、世間は狭いなと思いました。

私の作品がこの中にあります

小一時間話した後で作品鑑賞に移り、自分の作品を見つけました。今年は牧野市長の作品があり、秋の市長選挙で対立候補になる佐藤さんの作品もありました。選挙を意識しているのかな~?

夜の仕事があるために、小雨降る中を長野県飯田創造館を後にしましたが、まさか翌日朝から国道152号が通行止めになるとは思ってもいませんでした。国道152号の程野にある村の茶屋から南に約400mの崖から土砂が流れ出て道路を塞いでしまいました。

二日目に写真展を見に行っていなかったら長野県飯田創造館には行けなかった(遠回りすれば行けますが)かもしれないので、今回は運が良かったと思いました。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。