遠山GO-HOME!

日々のこと

遠山郷から1時間ぐらいのお酒巡り

ご無沙汰しております。ミトです。

最近いただきものシリーズの更新が止まってしまっておりましたが、今日はちょっと違った切り口の投稿です。

私ミトは、2019年7月から遠山郷でゲストハウス太陽堂を運営しています。オープン以来、たくさんの方に遠山郷を楽しんでいただき、うれしい限りです。同時に、宿泊者さんがいる夜は地域の方も飲みに来ていただけるバーとして、2020年3月からは週末にカフェとしても営業しています。

2020年春から流行してしまった新型コロナウイルスの蔓延防止のため、2020年6月上旬現在は、ゲストハウスとバーの営業は休止していますが、カフェの営業だけは続けています。

さて、カフェと言いながら、私ミトはお酒が大好き。週末ぐらい昼間っからお酒飲んだっていいじゃない、というわけで、カフェでもアルコールを提供しています。

宿が休業中で、時間のできたある日。前から気になっていた酒屋さんや酒蔵さん、ワイナリーを訪問してみようと思い立ちました。

車を走らせること一時間。まず到着したのは、こちら。


松川町のワイナリーVinVieさん。
太陽堂では、オープン以来こちらのシードルをバーで提供しており、この春新たにワイナリーをオープンさせたとのことで、ちょっとだけ覗きに。現在は週末だけの営業だそうで、この日は平日だったので、外から写真だけ隠し撮り(笑)。めちゃくちゃおしゃれで、目の前のリンゴ畑を眺めながらワインやシードルを楽しめる贅沢な場所でした。いつか、車運転しない前提で、飲みに来たい。。。

VinVieの蜂酵母のシードルは、これからの季節にピッタリ。太陽堂で飲めますよ!

さて、続いて向かったのは、同じく松川の恵比寿屋商店さん。こちらは酒屋さんなんですが、お酒の品ぞろえが通好み。先ほどのVinVieの竹村さんからもここの酒屋さんはいいよと聞いていたので、個人的に飲みたかったクラフトビールをたんまり購入しました。

それとこちらの梅酒を仕入。太陽堂では遠山郷産の梅で作った梅酒を出していましたが、昨年は季節外れの雪のせいで梅が収穫できず、梅酒が作れませんでした。なので、今年はしばらくはこちらの梅酒を提供します。
恵比寿屋商店さんは、手書きのチラシもいつも素敵で、店主さんはお酒好きでとても話が合いそうな素敵な女性でした。酒好きの方にはおすすめのお店です。

そして、さらに向かったのはこちら。

日本酒「今錦」で有名な米澤酒造さんです。こちらは松川町の隣の中川村ですが、先ほどの恵比寿屋商店さんからは車で10分ほど。
こちらの代表作「今錦」は、実は太陽堂にお泊りいただいたゲストの方に教えてもらいました。一度飲んでみたかったので、近いこともあり酒蔵まで来てしまいました。新しい建物で、めちゃくちゃきれいでおしゃれ。こちらも素敵な女性の店員さんにいろいろ教えてもらい、

この3種類のお酒を買ってきました。ミトの好みは純米吟醸より純米酒なので、すべて純米酒。
一番左は、定番の特別純米「今錦」。真ん中は中川村産のお米を使った「中川村のたま子」というシリーズの生元酒。一番右は、中川村の中でも飯沼地区の棚田米だけを使用した数の少ない「おたまじゃくし」シリーズの特別純米酒。
こちらのお酒はラベルもこだわっていて、「おたまじゃくし」しりーずは、生元酒➡特別純米➡ひやおろしの順で、オタマジャクシに足が生えていくラベル。「オタマジャクシが成長するように季節ごとの味をお楽しみ下さい」とのこと。ここで売ってたおちょこもかわいかったぁ。
試飲のつもりで買ってきましたが、もし飲みたい方がいらっしゃいましたら少しですがお出しできますので、気軽にお声掛けください。

さて、帰り道に寄ったのは道の駅 南信州とよおかマルシェ

昨年これまたゲストさんに教えてもらった桃のビール。これを販売しているのがここなんですが、当然季節外れなので売っておらず。また今年も販売してくれたらいいなぁと思います。この道の駅は産直野菜なんかも豊富でしたよ。

 

さて、こんな感じで遠山郷から車で1時間ぐらいのところですが、いろいろめぐることはできるなぁと感じました。
宿再開後は太陽堂にお泊りいただき、天気の悪い一日なんかを酒蔵めぐりにして、お土産で買ってきたお酒を太陽堂で夜飲む、なんて過ごし方もいいかなぁと思います。(太陽堂はお泊りの方のお酒の持ち込みは自由です)

さて、飲みたくなってきました(笑)。ごきげんようー。

ミト

2017年12月に遠山郷へ移住。地域おこし協力隊として活動中。主なミッションは遠山郷初となるゲストハウス「太陽堂」を作り、遠山郷ファンを増やしていくこと。大満喫している遠山郷での暮らしや、ゲストハウスプロジェクトについて発信していきます。