遠山GO-HOME!

日々のこと

大島、和田経由で合戸峠へ歩く

いつも車で移動してあまり歩かないから、運動不足解消を目的に二万歩超えを目標にして歩くことにしました。

近所の木に絡み付き咲いていたアケビの花を見ながらまず大島を目指しました。

バスが通る道に出て、畑上に向かいます。

歩き始めたころは陽がさしていました。

畑上では端午の節句ののぼり旗やこいのぼりが上がっていました。

大島を過ぎて池口川を渡る橋の側に藤の蔓があり、昨年付けた鞘がありました。

この辺りから空に雲が増えて陽があたらなくなってしまいました。

遠山中の付近から川沿いを歩きました。

中学の裏にはツクシが出ていました。

春に桜や銀杏の木付近に出るアミガサタケ(非加熱毒、洋食の高級食材のキノコ)がないかと下を向いてゆっくり歩きましたが見つかりませんでした。

南信濃自治振興センター横の八重桜。見ごろを過ぎていて葉っぱが目立ち始めました。

堤防には蕨がありました。

犬や猫の散歩道なので、写真に撮るだけにして採取しませんでした。

かぐら大橋を渡った頃から雨が降り始めました。

アンバマイ館に寄って少し雨宿りして合戸峠に向かいました。

夏に長野県の最高気温記録や全国でも五本の指に入る最高気温記録を出すアメダスの測定器を見てから傘をさしました。

押出沢、ここから合戸峠まで坂を上がります。

少し上がると和田を一望することが出来、少し前に歩いた道が見えました。この辺りで雨が止んだので傘を閉じました。

やっと今日歩くルートで一番高い地点である合戸峠に着きました。

ここは、中央構造線が峠を横切り手前側が外帯で工事の看板の先が内帯となります。

合戸峠の石像には帽子をかぶせてありました。

ここから木沢に向かって下り、途中でたまたま通りかかったgntさんに会い少し話をして家に戻りました。

結果、所要時間4時間30分(休憩や写真撮影等含めて)、歩数約2万4千歩で14.5km歩きました。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。