遠山GO-HOME!

日々のこと

久しぶりにマニアックなクイズ

遠山郷で一番南に位置する場所は浜松市との市境にある上の写真の青崩峠ですが、ここでクイズです、青崩峠は三重県の最北端いなべ市北勢町川原より南である。

Yes or No どちらでしょうか?

アンバマイ館で観光案内をしていて、三重県から来られたお客様と遠山郷の気温の話しをしていたら、三重県より長野県は涼しいというイメージがあり避暑で遠山郷に来たそうですが、実際は三重県より遠山郷の夏は暑いということが判明しました。

ここまで書くと上のクイズの答えはわかりますね、青崩峠の緯度は北緯35度15分13.9秒、三重県の最北端はいなべ市北勢町川原の北緯35度15分27.5秒、ほぼ同じ緯度だけど少し青崩峠が南に位置します。

鎌倉時代に遠山郷が荘園だったということで、鎌倉市役所とほぼ同じ緯度を遠山郷で探すと、太陽堂がほんの少し北ですがほぼ同じ緯度でした。

遠山郷にIターンする時に、当時私が住んでいた横浜市の友達には長野県と聞いただけで、夏涼しくて冬はスキーが出来る位寒いところに引っ越すのかと言われて、横浜市の市役所より南に位置する場所に引っ越すと答えると納得いかない様子でした。

他県に住む人たちには長野県が南北に長くて、遠山郷が関東南部とほぼ同じ緯度で南信地域の気候が太平洋側の気候とほぼ同じということが理解し難いようです。

追記

今回の記事の地図は国土地理院のホームページの地図を使用しました。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。