遠山GO-HOME!

日々のこと

河原にて

遠山川の河原

今から約1300年前に起こった地震で遠山川がせき止められて水底に沈み枯れた木が土砂に埋もれてしまいましたが、遠山川の侵食で埋もれ木が姿を現しました。現在、木沢の畑上というところの遠山川の河原に写真のように埋もれ木が立っています。

国道152号旧道の案内看板

案内看板の地図でだいたいの場所はわかると思います。トップの写真で埋もれ木の後ろにバイパスの橋が写っていますが、バイパスの権現山トンネルと押出トンネルの間の橋からこの埋もれ木を見ることが出来ます。

足もと

出来ることならバイパスの橋の上からでは無くて、河原に下りてみて下さい。足もとには多様な石があります。中央構造線を境に東西で地質は大きく異なっていますが、遠山川と支流の上村川が中央構造線に沿う為に両方の石が共存しています。例えばここの河原では中央構造線の東側に多い赤色チャートと中央構造線の西側に多い花崗岩が並んでいます。

平行に白い線がある石

足もとを見ていると変わった石や面白い石があります。石や地質について専門ではないので詳しいことは判りませんが、知識のある人にとっては楽しめる河原だと思います。

対岸の露頭

河原の立っている場所の対岸は遠山川が侵食した露頭があります。色々な岩石が見えて、その岩石の硬さで侵食具合が異なり面白い形になっています。

詳しいことは河原に下りる道の入口の案内看板で確認して下さい。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。