遠山GO-HOME!

日々のこと

かりぐらし日誌「大晦日」

みなさんこんばんは。

 

今朝熱が出てインフルが疑われているgntです。やいやい。
布団の中からの投稿失礼します。

 

全国的にもインフルエンザ大流行しているみたいで、

みなさんも十分気をつけてください。

 

 

【2018年12月31日】

さてさて、2018年年末からの出来事の振り返り。

 

 

2018年最後の日の大晦日も相変わらず山に行っていました。

 

 

実家に戻らず遠山で年越しをする理由はこれです。

 

 

「毎年、大晦日は何かドラマが起こる」

 

 

 

あともう1つの理由は、大晦日師匠のお宅でしこたま飲んで酔いつぶれること。笑

 

 

 

 

 

師匠と、若犬ハナ・リクを引き連れて、八重河内の梶谷という地区の
山に入りました。

 

 

 

こんな感じのところをひたすら登って行きました。

 

 

「このうえにイノシシがいる」と師匠から聞いていたのでドキドキ。

 

 

 

動画のところからさらに登っていくと、、、

 

 

 

上の写真の赤丸の部分。

 

右下の赤丸は、

イノシシがヌタ場で体に泥を塗りたくって、
その体を木にこすりつけた跡。

 

左上の赤丸は、

 

イノシシが牙を木で研いだ跡。

 

 

 

そしてこの写真の赤丸部分。

 

少し窪んでいるのがわかると思いますが、

イノシシの「寝屋」と言って、人間でいうベッドみたいなものです。

まだ臭いが残っていました。

 

こんなフィールドサインがあちこちにあって、

 

もういつ出くわしてもおかしくないっていう状況。

 

 

これほど濃いサインあるのを自分は初めて見たので大興奮。

 

 

 

 

 

 

ここから少し進むと、

 

 

ハナとリクがスーッと尾根の上に向かって消えて行き

 

 

その直後、、、、、

 

 

 

 

 

ド級にでかいイノシシ!!!

 

 

が犬を追ってこっちに向かってきました。

 

 

 

追いかけられて逃げてきたハナ、

 

 

 

 

とさらに早い逃げ足で逃げてきたリク。

 

 

 

おいリク。
女の子を置いて一目散に逃げて来るなよ。
顔引きつってたぞ。

 

 

 

 

 

向かって来る途中で踵を返して奥に飛ばれてしまったので、

仕留めることはできませんでした。

ですが、その場面に出くわしたことに大興奮して師匠とハイタッチ。笑

 

 

 

 

 

 

やっぱり大晦日は何かが起こる。

gnt

人・命・自然との繋がりを実感できる暮らしを目指し、猟師になるため遠山郷に移住。新米猟師で、介護士で、山を走ることと料理が好き。