遠山GO-HOME!

日々のこと

今年のきのこ、その7

クリタケ

朝晩の気温だけでなく日中の最高気温も低くなり、夏の終わりから初秋のきのこの姿がなくなって代わりにこれから出てくるきのこが増えてきました。

白いカビとクリタケ

数日雨が降って朝の気温が低いのでクリタケ出ているはずと昨年も一番早く出た場所に行くと出ていましたが、良いものは採取された後で、取りこぼした食べることが出来そうなものを採取しました。

きのこ採取場所近くで工事中

山に入る時に工事中の看板が掲げてあり、嫌な予感していましたが、勘が当たりました。工事の作業員が休憩時間に食べることが出来るきのこ採取したようです。

カキシメジ?

登山道を歩いていて目立ったきのこですが、採取されていませんでしたから毒キノコのカキシメジの可能性大です。

ナラタケモドキ?

登山道からかなり外れた広葉樹の根元に生えているきのこがありました。柄につばが無かったのでナラタケモドキかな?と思いましたが傘の様子が知っているナラタケモドキと違う気がしたので採取しませんでした。

オニナラタケ

作業員が休憩時間に来ることが難しいであろう場所まで歩くと食べることが出来るきのこが登山道近くにありました。ナラタケの柄は消化不良になって胃腸に悪いとのことなので傘のみ採取しました。

アカモミタケ

モミの木の近くの地面に出ているきのこで、落ち葉に隠れていましたが、落ち葉を取り除くとオレンジ色のきのこは目立ちます。食感は少々悪いですが食べることが出来ます。写真のきのこは採取しました。

この他にハナイグチを採取して帰りました。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。