遠山GO-HOME!

日々のこと

屋根が…。

台風が飯田市に最接近した頃に仕事が終わり、県道上飯田線を使うつもりで国道151号線を鼎に向かっていると、毛賀付近で遠山和田行きのバスとすれ違いました。八幡の銀行の駐車場に車を駐めてスマホで道路情報を調べたら県道上飯田線の氏乗と矢筈IC.の間が通行止めとなっていました。スーパーで食料を購入し、Uターンして天龍村経由で家に着くと暗かったし雨も降っていたから外の様子はよくわかりませんでしたが、今まで無かった玄関で雨漏りしていました。

屋根が、一部剥がれた。

毎朝みそ汁にミツバを入れる為に庭に出て採取していますが、台風の風雨が収まってミツバを採りに朝外に出ると玄関の上の屋根が剥がれていました。玄関で雨漏りするはずと納得しました。このままにしておくと下地の板が傷むので、仕事を休みにして応急処置をすることにしました。

下地の板が露出しています

剥がれた面積は畳一枚半位でした。風に煽られてトタン板がめくれ上がり、途中で折れていました。

応急処置最中

トンカチでトタン板をたたいて元の形に戻します。⬆はトンカチでたたいている最中で、写真ほぼ中央の材料に対して斜めの線は、剥がれて折れた部分です。

たたいて元の形に近づいた

トンカチでトタン板をたたいて元の形に戻しますが、長年使っているトタン板なのでたたいているとひびや穴があいてしまいます。雨が降るとその部分から水が染み込むのでブルーシートを上に被せました。

ブルーシートを被せた状態

たまたま手元にあったブルーシートを使ったので、小さくて全体を被せることは出来ませんでした。ブルーシートの四辺を養生テープのようなもので止めないとすき間から水が入るのですが、手持ちが無いので紐で飛ばないように固定しました。ここまでの作業でお昼になりました。午後は庭で倒れた野菜の手入れで屋根の方は手つかずになりました。

ペフ

遠山郷在住。移り住んで10年以上。飯田下伊那のコミュニティエフエム、飯田エフエム放送(iステーション)のリスナーで、iステーションで時々、私「ペフ」の遠山郷のメッセージが読まれることがあります。ラジオに送らないことをここで発信していきます。